東京にあるDTM・作曲の専門学校の費用を調査してみた!

DTM・作曲の専門学校を選ぶにあたり、やはり費用という面は一番気になるところです。

音楽制作にあたり機材やレコーディングなど、お金はいくらあっても足りません。

学費に見合っただけの内容を学べるのか?
高額な学費を払ってまで学ぶだけのやる気が本当にあるのか?

など、しっかり考えてから決めたいですね。

今回、東京都内にあるDTM・作曲専門学校の費用をいくつか調べてみたので、ご紹介します。

専門学校ESPエンタテイメント東京

専門学校ESPエンタテイメント東京で作曲を学ぶなら、音楽アーティスト科のサウンドクリエイターコースになります。

学費は年額で¥1,300,000、初年度は入学金で¥200,000の費用がかかります。

3年間合計で¥4,100,000となります。

日本工学院ミュージカルカレッジ

日本工学院ミュージカルカレッジで作曲を学ぶなら、ミュージックアーティスト科のサウンドクリエイターコースとなります。

入学金などを含めた初年度の納入金合計は¥1,415,690、2年次は¥1,240,000となっています。

2年間合計で¥2,655,690と、年額で言えば上記のESPエンタテイメントと大差はありません。

東京ビジュアルアーツ

東京ビジュアルアーツで作曲を選ぶなら、サウンドクリエイター学科となります。

初年度費用は¥1,397,000、2年次は¥1,384,000となっており、2年間合計で¥2,781,000となっております。

AO特待生制度が用意されており、Aランク~Dランクまででそれぞれ、下記金額の免除が受けられます。

Aランク:¥860,000、Bランク:¥430,000、Cランク:¥100,000、Dランク:¥50,000

ミューズ音楽院

ミューズ音楽院で作曲を学ぶなら、コンポーザー・アレンジャー専攻となります。

初年度費用は¥1,430,000で、2年次費用は¥1,300,000となります。

2年間合計で¥2,730,000となっており、上記までの他校とあまり変わらない金額となっていますね。

専門学校は高額な費用がかかる

ここまで各専門学校の学費を見てきて分かる通り、どの学校も大体年間130万~140万前後と、かなり高額な費用がかかってきます。

更にここに教材費や外部研修費などが掛かってくる場合もありますので、実際は年間150万前後くらいはかかるのではないでしょうか。

高額な学費を支払って、学びたいことが学べなかったり、途中で他にやりたい事が出来たりしたら目も当てられません……。

年間150万円払ってまで本当に専門学校に通う必要があるのか、しっかり考えてから決断したい所ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です